高校野球の第103回全国選手権沖縄大会(主催・県高野連)第12日は17日、沖縄セルラースタジアム那覇で準決勝を行った。第1試合の中部商業は6―3で知念を下し、18日の決勝に進んだ。10年ぶり7度目の決勝進出。

中部商-知念 1回表中部商無死、米田光希が先頭打者本塁打を放つ=沖縄セルラースタジアム那覇(田嶋正雄撮影)

 中部商は初回、米田光希が先頭打者本塁打で先制に成功。3―2の六回表には、2死二塁から9番徳永翔太の内野安打で二走の平山尚都が生還し1点を加え、さらに2死二塁、米田光希の右前適時打で5―3とリードを広げた。

 九回表1死、4番渡久山夢斗の本塁打で6点目を奪った。投げては米須武瑠が完投した。