ご当地食材を使ったアイスクリームの楽しみ方を紹介する「明治エッセルスーパーカップご当地キャラバン」で、沖縄県北中城村職員の山口かすみさん(31)と会社員の小倉早智恵さん(30)=いずれも村在住=が考案した「アーサ揚げアイス」が、このほど最優秀レシピに選ばれた。

北中城村特産のアーサを使った「アーサ揚げアイス」

「アーサ揚げアイス」を作る、レシピ考案者の山口かすみさん(右)、小倉早智恵さん=北中城村・イオンモール沖縄ライカム

北中城村特産のアーサを使った「アーサ揚げアイス」 「アーサ揚げアイス」を作る、レシピ考案者の山口かすみさん(右)、小倉早智恵さん=北中城村・イオンモール沖縄ライカム

 さまざまな「日本一」を持つ市町村とコラボしてアイスの魅力を広げる明治の企画。「女性長寿日本一」の北中城村を第1弾のコラボ先として、地域の自慢の食材と明治エッセルスーパーカップを使ったレシピを村民らから募集。応募のあった約20品からアーサ揚げアイスが選ばれた。村特産のアーサを使ったほのかな塩味と甘さのバランスがよく、同商品の「超バニラ」「抹茶」「チョコクッキー」の3種の味のいずれとも相性が良いことなどが評価された。

 村内のイオンモール沖縄ライカム内であった考案者らを招いたレシピ実演・実食会では、山口さんらがアイスを食パンで包み「アーサスープの素」を混ぜた衣で揚げた。実食した比嘉孝則村長は「アーサ入りでおいしくないわけない」と喜んだ。

 山口さんは「村特産のアーサを多くの人に知ってもらおうとレシピを考えた」と笑顔。小倉さんは「アーサ揚げアイスで村の空気感も感じてほしい」と呼び掛けた。

 明治の特設サイト(https://www.meiji.co.jp/sweets/icecream/essel/caravan/)では、レシピのほか村の魅力として中城城跡なども紹介されている。