10月31日に開館する「那覇文化芸術劇場なはーと」(久茂地)で18日、報道関係者向けの内覧会が開かれた。大劇場は1600席。沖縄の海の中のグスクをイメージしてデザインされた。

外観は首里織(花倉織)の構成で再現される

大劇場は1600席。沖縄の海の中のグスクをイメージしてデザインされた

外観は首里織(花倉織)の構成で再現される 大劇場は1600席。沖縄の海の中のグスクをイメージしてデザインされた

 「那覇文化芸術劇場なはーと」(久茂地)は、5階建てで延べ床面積は約1万4582平方メートルの広さ。約1600席の大劇場や首里城の雰囲気をイメージした約300席の小劇場のほか、公演利用も可能な大・小のスタジオ、四つの練習室などが備わる。天井が高く自由に回遊できる共用ロビーは、まちの「ウナー(御庭)」のような空間になっている。

 城間幹子市長は「素晴らしい建物ができた。ここに魂を吹き込んでいくことが私たちの仕事になる」と抱負を述べた。

 この日は建築関係者への感謝状贈呈式も開かれ、設計や施工に携わった26社の代表者に城間市長から感謝状が手渡された。