沖縄県の米軍普天間飛行場内に保管されている有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)を含む汚水を下水道に放出する計画を巡り、県と宜野湾市などが19日午前、同飛行場に立ち入り、米軍が汚水を浄化した水のサンプリング調査を行った。