Jリーグの村井満チェアマンが19日、プロ野球と連携した「新型コロナウイルス対策連絡会議」後の記者会見で、新規の外国人選手、監督の入国に見通しが立ったことを明らかにした。クラブから申請の一部は既に許可を得ており、査証が発給され次第、入国手続きを進める。

 オンラインで記者会見するJリーグの村井満チェアマン=19日

 政府は防疫上の理由で原則的に新規入国を停止。来日後に外部との接触を絶つ「バブル」状態で隔離することなどを条件に、スポーツ庁などと調整していた。

 16日に始まった夏の登録期間は8月13日まで。(共同通信)