沖縄県うるま市みどり町の宮城はるみさん(59)の自宅庭から、ブロック塀の小さな穴をすり抜けて道路に顔をのぞかせている「ド根性ナンテン」が、通り掛かる人に人気だ。 宮城さんは「10年前から小さな芽が伸びてきた。今では高さが60センチほどになり、実も付いてきた。