沖縄県内在住の外国人留学生が入管難民法の制限(週28時間以内)を超えて不法就労(資格外活動)しているとして、法務省福岡入国管理局那覇支局に摘発された件数が、2012~16年で2件にとどまっていることが分かった。