強い台風6号は20日午後11時現在、那覇市の南東約230キロにあり、時速約15キロで発達しながら西南西に進んでいる。21日から24日にかけて強い勢力で沖縄本島地方や先島諸島に接近する。沖縄本島地方では21日未明から、先島諸島では21日昼すぎから暴風となる見通し。速度が遅く、先島諸島では長時間暴風が続く可能性もある。風にあおられて転倒し、けが人も出た。

台風の影響で防波堤に押し寄せる高波=20日午後5時6分、与那原町板良敷

台風6号の進路予想図

台風6号の予想接近時間

台風の影響で防波堤に押し寄せる高波=20日午後5時6分、与那原町板良敷 台風6号の進路予想図 台風6号の予想接近時間

 台風の中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。北大東村では、20日午後2時29分に最大瞬間風速32・9メートルを記録した。

 沖縄本島地方でも20日午後6時すぎに暴風警報を発令。各地で停電が発生し、午後10時現在、浦添市など50戸で停電している。空や海の便の欠航も相次いだ。

 北谷町美浜の駐車場で午後9時10分ごろ、60代女性が強風にあおられ転倒。路面に顔を打ちつけ鼻骨骨折の疑いとなっている。

 本島地方や先島諸島への台風の最接近は、沖縄本島で21日午前3~6時、久米島は21日正午~午後3時、宮古島地方は22日午前6時~正午、八重山地方は23日を予報している。沖縄本島地方では最接近時、暴風域に入る恐れもある。

 21日に予想される最大風速は、沖縄本島地方25メートル、先島諸島40メートル、大東島地方で20メートル。宮古島地方では21日朝、八重山地方では21日昼すぎに暴風警報が出る見通し。

 22日午前0時までの24時間雨量は多い所で、沖縄本島と先島諸島ともに150ミリが予想されている。