強い台風第6号は、21日午前11時には那覇市の南約230キロにあり、ほとんど停滞している。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。台風は発達しながら沖縄本島地方の南の海上を西よりに進み、24日にかけて非常に強い勢力で先島諸島に接近する見込み。

21日午前11時現在の台風6号の経路図(気象庁HPから)

 沖縄本島中南部に出されていた暴風警報は、21日正午過ぎに解除された。宮古島市には引き続き暴風警報が発令されている。

 宮古島地方では21日昼過ぎから、八重山地方では21日夜遅くから暴風となる見込み。先島諸島では、長時間暴風が続くほか、猛烈な風が吹いて一部の住家が倒壊するおそれがある。気象台は、風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒するよう呼びかけている。

 予想される最大風速(最大瞬間風速)
 21日
  沖縄本島地方 25メートル(35メートル)
  先島諸島   35メートル(50メートル)
  大東島地方  18メートル(25メートル)
 22日
  沖縄本島地方 20メートル(30メートル)
  先島諸島   40メートル(60メートル)
  大東島地方  15メートル(25メートル)
 23日
  沖縄本島地方 20から24メートル(25から35メートル)
  先島諸島   40から50メートル(55から70メートル)

 22日にかけて、沖縄本島地方では1時間に40ミリの激しい雨、先島諸島では1時間に70ミリの非常に激しい雨が降る所がある。沖縄本島地方と先島諸島では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分な注意が必要。

 台風の進路等によっては、沖縄本島地方では22日にかけて、先島諸島では24日にかけて、警報級の大雨となるおそれがある。

 22日正午までの24時間に予想される雨量は、多い所で
  沖縄本島地方  120ミリ
  先島諸島    180ミリ