沖縄タイムス+プラス ニュース

夏休み中の子に無料で弁当を提供した店に10万円 弁当代も市が払う 沖縄・豊見城市がコロナ対策

2021年7月21日 16:46

 沖縄県豊見城市の山川仁市長は21日、記者会見を開き、新型コロナウイルスの影響で売り上げの落ち込んだ飲食店を支援するため、夏休み中の子どもたちに無償で弁当を提供した飲食店に準備金10万円と弁当代を支払うと発表した。豊見城市は、人口に占める14歳以下の子どもの割合が全国で一番多く、経済対策と子育て支援の“一石二鳥”につながると期待している。

新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店の支援を目的に「夏休みキッズランチ応援事業」を発表する沖縄県豊見城市の山川仁市長=21日午後、豊見城市役所

 市によると、新型コロナに伴う経済対策で、子ども弁当に支援するのは県内で初めて。

 国の地方創生臨時交付金から約1600万円を充てる。保健所の営業許可を受けている飲食店が対象で、店側が申請し、登録した後、準備金10万円と1食400円の弁当代を市が支払う。1日に1店30食の提供で、50店の参加を想定している。

 期間は8月2~24日の平日17日間。市内の小中学生は約7500人。放課後児童クラブなどに通っておらず、保護者が昼食を準備できない場合に利用を呼び掛けている。

 無償弁当を提供する店には「とみぐすくしキッズランチ応援食堂」と書いたステッカーを分かりやすい場所に張るほか、児童館など子どもの集まる場所への配達も検討している。

 26日以降、申請の受け付けを始める予定。

 山川市長は「飲食店の支援が優先で、緊急事態宣言が解除されるまでのエネルギーを蓄えてほしい。その取り組みが子育て支援にもつながればうれしい」と期待。「地域のニーズを把握しながら食材が無駄にならないよう進めたい」と話した。

 豊見城市では、17日から居酒屋や弁当店、食品加工会社など、飲食関係の仕事に就く市民を対象に、コロナワクチンの優先接種を始めた。17日に47人が1回目の接種を済ませた。今後、24、25、29、31、8月1日の5回の集団接種で申告すれば、1回目の優先接種を受けることができる。

 飲食事業所を支援する取り組みの一つで、山川市長は「8月22日の緊急事態宣言の解除までに安全に安心して接客できる環境を整えたい」と狙いを語った。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。