強い台風6号は21日午後11時現在、沖縄県宮古島の南東約160キロの位置にあり、ゆっくりした速さで西南西へ進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速40メートル、最大瞬間風速55メートル。台風は今後、発達しながら宮古島地方の海上を西南西にゆっくり進み、「非常に強い勢力」まで勢力を増しながら先島諸島に接近する見込み。

強風の影響で倒れたバナナの木=21日午前11字12分、南城市知念久原(伊禮健撮影)

21日午後11時現在の台風6号の進路図

強風の影響で倒れたバナナの木=21日午前11字12分、南城市知念久原(伊禮健撮影) 21日午後11時現在の台風6号の進路図

 沖縄本島地方では21日、南城市で午前3時28分に32・3メートル、那覇市で午後5時57分に27・5メートルの最大瞬間風速を記録。うるま市では強風の影響とみられる死亡者も出た。

 県内では21日午後9時までに、宮古島市石垣市などで20世帯24人が避難した。

 うるま市州崎の東埠頭(ふとう)ゲートでは20日午後11時半ごろ、勤務中の男性警備員(61)が頭から血を流して倒れているのを同僚が発見。約3時間半後、搬送先の病院で死亡が確認された。県警によると、強風にあおられたゲートの扉が頭に当たった可能性がある。うるま署が死因を調べている。

 気象台によると、宮古島地方は21日夜から、八重山地方では22日未明から暴風になる見通し。台風の最接近は、宮古島地方で23日午前6時~正午、八重山地方で23日午後6時~24日午前0時。気象台は21日午後6時すぎまでに、両地方に暴風警報を発表した。22日に予想される最大風速は先島諸島40メートル、沖縄本島地方20メートル。

 22日にかけて、先島諸島では1時間に70ミリ、沖縄本島地方では40ミリの非常に激しい雨が降る所もあり、警報級の大雨になる恐れも。先島諸島では22日から猛烈にしけ、沖縄本島地方でも25日まで大しけや猛烈なしけが続く予想。

 気象台は猛烈な風による家屋の倒壊などに警戒を呼び掛けている。