日本で働きながら技術や知識を習得し、母国の発展に生かしてもらうことを目的とする「外国人技能実習制度」。創設から約30年間に生じたゆがみが、新型コロナウイルス禍の中で露呈した。 在留38万人  「来る前は日本に良いイメージがあったけど、仕事はきついし、いじめられるし…」。