沖縄タイムス+プラス ニュース

「多くの子と接するので早くワクチン打ちたかった」3カ所目の県広域接種センター開始 初日は450人

2021年7月23日 09:50

 沖縄県は22日、県内で3カ所目となる新型コロナウイルスワクチンの県広域接種センターを那覇市若狭の那覇クルーズターミナルで運用開始した。初日は予約444人を上回る450人が接種した。副反応が出た人は確認されていない。

3カ所目の運用を開始した新型コロナウイルスワクチン県広域接種センター=22日、那覇市若狭の那覇クルーズターミナル

県の新型コロナ判断指標と現状

県内感染者の居住別状況(7月22日)

3カ所目の運用を開始した新型コロナウイルスワクチン県広域接種センター=22日、那覇市若狭の那覇クルーズターミナル 県の新型コロナ判断指標と現状 県内感染者の居住別状況(7月22日)

 第3会場は、県内の事業所で働くエッセンシャルワーカーが対象。9月末までに総接種者数5万5千人を見込む。

 1日最大2千人に対応可能で、7月中は500人で運用する。ワクチンの安定供給が可能となった段階で引き上げる。

 使う計画だった米モデルナ製ワクチンの確保はいまだ見通せていない。現時点では、那覇市が保有する米ファイザー社製を使用している。

 この日は学校や通信事業の関係者が利用。那覇市内の小学校に勤務する40代の女性教諭は「多くの児童と接するので、早くワクチンを接種したかった」と安心した表情を見せた。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
注目コンテンツ
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。