自衛隊による県内の米軍基地内での「研修」が増加傾向にあり、2015年度は記録が残る08年度以降最多の48回に上ったことが防衛省の資料で分かった。中でも陸上自衛隊は15年度、テロ対策などの専門部隊、中央即応集団が「特殊作戦研修」に初めて2回参加している。