楽天は23日、銀次内野手(33)が22日に受けた新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。銀次を除く首脳陣や選手ら89人は23日に陰性と判定され、1、2軍ともにチーム活動を継続する。楽天は24日に東京五輪の野球日本代表と強化試合を行う。

 楽天の銀次内野手

 銀次は21日に楽天生命パーク宮城での練習に参加した後に発熱の症状を訴え、22日から練習に参加していない。毎日、PCR検査および抗原検査を実施しており、銀次は20日の検査では陰性だった。

 楽天生命パーク宮城では日本代表が強化合宿中で、22日にクラブハウスやロッカールームの消毒を実施した。(共同通信)