社説

社説[東京五輪開会式] 式典は何を伝えたのか

2021年7月24日 08:07

 57年ぶりとなる東京五輪の開会式が国立競技場で行われた。

 鮮やかに夜空を彩った花火に続き、新型コロナウイルスの影響で1年延期されても鍛錬を欠かさなかったアスリートたちをテーマにしたパフォーマンスなどが繰り広げられた。世界注目のパンデミック下での五輪が始まった。

 主会場の東京では緊急事態宣言が継続中で、開会式は異例の無観客。当初6万8千人を収容予定だった競技場で、出席者は菅義偉首相ら大会関係者約950人に限定された。

 緊急事態下の開催を巡っては今なお反対の声が根強い。世論の厳しさを背景に、トヨタ自動車などスポンサー企業のトップ、経済3団体の首脳らが開会式出席を見送った。PR効果が薄れ、メリットが乏しいとの判断とみられる。在任中、五輪の東京招致を推進した安倍晋三前首相も出席しなかった。

 「平和の祭典」の自国開催は、競技だけにとどまらず、選手との交流活動などが実現したときに大きな意味を持つ。自国代表の競技観戦を通じ、人々が一体感と団結を強める効果もある。

 今回の東京五輪では、多くの競技が無観客での開催となった。交流や一体感を感じる機会はほとんどないことになる。

 緊急事態下でも開催にこだわった政府がもたらした、異常な状況だ。歓声に力を得て栄冠を目指す選手にふさわしい、最高の舞台を日本は用意できなかった。

■    ■

 大会組織委員会内部から次々に出た問題発言も自国開催の意義を大きく損なった。

 組織委会長だった森喜朗元首相の女性蔑視発言や、開会式演出統括者のユダヤ人大量虐殺を揶揄(やゆ)するコントなどで計4人が辞任・解任。いずれも差別に関する発言で、東京大会の基本コンセプトに反する深刻さだ。

 招致時は東日本大震災からの立ち直りを世界に示す「復興五輪」を前面に打ち出していたが、福島で先行開催された日本代表初戦となるソフトボールは無観客で盛り上がりを欠いた。続いて東京で開かれたサッカー日本男子の試合は、相手チーム内のコロナ感染で開始2時間前にようやく実施が決まった。

 政府や組織委は、大会が始まり活躍する国内外のアスリートに注目が集まれば世論の風向きも変わるとの期待があるかもしれないが、いびつな形で五輪を開催する自らの責任を自覚すべきだ。

■    ■

 開会式の入場行進では、民族衣装などに身を包み笑顔で手を振る各国の選手らが印象的だった。他方、コロナ対策で間隔を空け行進したこともあって、最後を飾る聖火台への点火は深夜に及んだ。

 競技の中には米国時間の夜に決勝を放映するため午前中始まるものもある。暑さなどの影響も懸念される日程だ。

 放映権料やスポンサー料に頼る体質など五輪開催の問題は多い。開催都市に重い負担を強いるシステムも課題だ。何のため、誰のために開催するのか、改めて五輪の意味を問い直さなければならない。

東京五輪 沖縄選手の記事一覧 ≫

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
注目コンテンツ
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。