気象庁によると、大型で強い台風6号は24日午前6時現在、宮古島の北北西約150㎞にあり、時速15㎞の速さで北に進んでいる。宮古島は午前6時現在、暴風域にあるとみられる。宮古島地方や八重山地方は24日正午以降、暴風警報が解除される見込み。

台風6号の位置=24日午前6時現在(気象庁のHPから引用)


 中心の気圧は960ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40mで最大瞬間風速は55mとなっている。
 台風の影響で沖縄地方は大荒れの天気となっている。台風北上に伴い、本島中南部(海上)や久米島にも暴風警報が発表されており、引き続き厳重な警戒が必要だ。