開会式には子どもたちも参加し、重責を担った。掲揚台まで日本国旗の運搬を先導したり、五輪旗の掲揚時に「オリンピック賛歌」を歌うなど役割を果たした。  沖縄から参加した安岡中3年の神谷晃志さんは他の7人と一緒に厳かな表情で歩を進め、国旗を導いた。今年の県中学生空手春季大会「形」の部で優勝。