体操男子予選は団体総合で日本が6種目合計262・251点の1位、個人総合で橋本大輝(順大)が6種目合計88・531点の1位となり、決勝に進出した。(共同通信)