大型で強い台風6号は24日午後9時現在、東シナ海にあって時速15キロで北北西に進んでいる。宮古島地方は同日昼すぎまで、久米島は夜まで暴風が吹き荒れた。宮古島地方は21日早朝から24日昼すぎまで79時間にわたって暴風警報が発令された。

強風で倒れた石垣市指定史跡の巨木「仲道の三番アコウ」を撤去する作業員=24日午前10時36分、同市登野城(下地広也撮影)

 気象庁によると、24日午前8時45分に久米島空港で最大瞬間風速36・5メートルを観測。台風は強い勢力を維持したまま東シナ海を北上する。本島地方では25日昼前まで強風が続く見込み。

 24日に開かれた県の災害対策本部会議(本部長・玉城デニー知事)では、沖縄本島と大東島地方の農作物被害額が、サトウキビを中心に約4650万円に上ることが報告された。

 台風6号の中心気圧は950ヘクトパスカル、最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートル。中心の東側220キロ以内と西側150キロ以内は風速25メートル以上の暴風、中心から半径600キロ以内では風速15メートル以内の強風となっている。

 久米島町北原で24日午後6時半までの72時間降水量は310・5ミリ、国頭村で同10時40分までに286・5ミリを観測した。

 宮古島市で80代の女性が強風の影響で転倒し右足を骨折する重傷を負うなど2人のけがを確認した。

 沖縄電力によると、宮古島市や石垣市、竹富町で一時4940戸が停電。午後9時現在、宮古島市で計130戸が停電している。

 台風接近と大潮の時期が重なったため、久米島では25日にかけて警報級の高潮となる見込み。沖縄気象台は本島中南部、北部でも海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に注意を呼び掛けている。