世界的な半導体不足で新車の納期に遅れが出ている。部品調達が滞り、自動車メーカーの減産が続いているためだ。人気の新型車では注文から納車まで1年かかる例もあり、新型コロナウイルス禍からの回復を目指す自動車販売に逆風となっている。新車が手に入りづらくなったことで、中古車の取引価格は上昇している。