沖縄タイムス+プラス ニュース

「1日1万人に接種必要」「子どもの感染が増えている」 沖縄のコロナ急拡大、医師はこう見る

2021年7月26日 16:12

■徳田安春氏(群星沖縄臨床研修センター長)

 変異株のまん延や夏休みで人出が増えたことなどから、県内の新規感染者数が200人を超えたとみられる。県内では感染力が強いデルタ株が増えており、感染者数の増加や感染再拡大の一因となっている。

(左から)徳田安春氏と椎木創一氏

 いま発表される感染者は、7月上旬から中旬に感染したとみられる。夏休み期間と重なっており、人の移動が増えて感染リスクが高まったことも影響しているのではないか。緊急事態宣言の長期化による「自粛慣れ」で、ソーシャルディスタンスなど感染防止策実行の低下も挙げられる。

 今後、感染者はさらに急増し1日300人を超える可能性も否定できない。感染拡大を食い止めるため、県はワクチンの接種スピードを加速させ、1日最低1万人に打つ必要がある。さらに未接種者が飲食店を利用する場合は抗原検査やPCR検査を行うなど、あらゆる選択肢を検討すべき段階に来ている。

■椎木創一氏(県立中部病院医師)

 ワクチン接種が進んだことで高齢者の重症者は減ったが、その一方で肥満や持病がある40~50代が重症になり入院している。重症者が顕著に増えれば医療資源がいっぱいになる点は、これまでと何も変わりはない。

 ワクチンも大切だが、感染者数が増えれば、一定の割合で重症者も増えることになる。感染そのものを抑えなければいけない。

 流行状況がこれまでと異なっているのは、県内でも変異株が広がり10代や10歳未満の子どもの感染が圧倒的に増えていることだ。家庭内で大人から子どもへ感染するだけでなく、逆に子どもの感染が他の世代へと広がることもある。

 重症化しにくい子どもの感染対策はあまり力点が置かれていなかった。これからは子どもでも必要があれば速やかに検査し、マスク着用を徹底するなど、いま一度本格的な対策をしてほしい。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。