台風8号は26日、日本の東の海上を北寄りに進んだ。27日には東北から東日本に接近し、上陸する恐れがある。気象庁は大雨による土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要だ。

 台風8号の予想進路(26日9時現在)

 気象庁の庁舎

 台風8号の予想進路(26日9時現在)  気象庁の庁舎

 気象庁によると、27日正午までの24時間予想雨量は多い場所で東北150ミリ、関東甲信100ミリ、北陸70ミリ。その後の24時間は東北、関東甲信、北陸で100~150ミリ。27日までに予想される東北と関東甲信の最大風速(最大瞬間風速)は20メートル(30メートル)で、波の高さはそれぞれ6メートル。(共同通信)