堀米は決勝のランで2本ともミスがあった。ベストトリックでどこまで盛り返すかだったが、自分の得意な(後ろ足から板ごと跳ね上がる)ノーリー系の技が全部はまった。もっと上位に来るかと思われた(外国勢の)選手が駄目だった中で、集中力がすごかった。