女子の1次リーグが始まり、開催国枠で1976年モントリオール大会以来の出場となった日本はA組の初戦で2019年世界選手権覇者のオランダと対戦し、21-32で敗れた。  日本は藤井(大阪ラヴィッツ)が5得点を挙げるなど奮闘したが、オランダの長身を生かした攻撃に苦しんだ。