奈良県警などは26日、奈良県天川村で登山中に遭難した可能性のある大阪大特任教授の審良静男さん(68)の捜索を続けた。捜索は2日目。審良さんは免疫学の研究で知られ、ノーベル医学生理学賞の有力候補として名前が挙がっていた。

 大阪大特任教授の審良静男さんの捜索のため、山に入る捜索隊=26日午前、奈良県天川村

 午前7時ごろ、県警や消防などから成る捜索隊が天川村の駐在所に集合。捜索コースを確認し、山に入った。大阪大関係者の姿もあった。

 県警吉野署によると、審良さんは24日午前9時半ごろ、近鉄下市口駅に到着し、長男(27)に「観音峰に向かう」などとメールを送った。日帰りの予定とみられたが夜になっても家に戻らず、連絡も取れないことから長男が通報した。(共同通信)