沖縄県立コザ高校(沖縄市)で運動部主将の男子生徒が顧問から日常的に叱責され自殺した問題で、沖縄県議会(赤嶺昇議長)は26日、同日の臨時会で全会一致で可決した再調査を求める決議を玉城デニー知事に手渡した。

玉城デニー知事(左から4人目)に決議を手渡す県議会文教厚生委員会の末松文信委員長(同3人目)ら=26日、沖縄県庁

 玉城知事は決議を重く受け止めているとし「教育委員会からもよく内容をもう一度聞き取りながら、どのような形でできるのか検討していきたい」と述べた。

 決議は①県教委から独立した第三者委員会の設置と再調査②調査を踏まえて再発防止の対策を講じる③子どもの権利を守るための相談調査窓口として、公的な第三者機関の設置―を求めている。

 金城弘昌教育長にも同様に要請した。