【北部・竹富】「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が世界自然遺産に登録された26日夕、オンラインで世界自然遺産委員会の審議を視聴し登録の瞬間を見届けた地元首長らは、喜びを共有し、決意を新たにした。

くす玉を割って世界自然遺産登録を祝う西大舛高旬竹富町長(左)と新田長男議長=26日、石垣市の町役場

 国頭村の知花靖村長は「大きな金メダルを取ったような気分。先人が守り、育んできた『奇跡の森』が世界に認められ、非常に誇りに思う」と喜んだ。

 大宜味村の宮城功光村長は「村民が環境問題に関心を持ち、外来種の駆除などにも取り組んできた。今後さらに、自然環境を保護し、地域活性化に努めていきたい」と意気込んだ。

 東村の當山全伸村長は「自然遺産に登録され、次の世代にこの自然を引き継いでいく責任が生まれた。世界の財産としてしっかり守っていきたい」と話した。

 西表島がある竹富町の西大舛高旬町長は「これがゴールではない。西表島は自然環境保全のための観光管理の課題がある。自然が失われることのないよう、一層取り組みを加速させていく」と気を引き締めた。