26日午後0時50分ごろ、「昨日午前中、素潜り漁に出た父親が帰ってこない」と那覇海上保安部に通報があった。那覇海保によると、26日午後3時55分ごろ、浦添北道路の浦添北インターから北西に約900メートル沖合の海底で、男性があおむけに沈んだ状態で発見された。

(資料写真)沖縄の海

 男性は那覇港に搬送されたが、同5時10分ごろ死亡が確認された。死亡が確認されたのは、浦添市の漁業の男性(79)。

 那覇海保によると、男性は浦添市の西海岸地域にある通称「カーミージー」(亀形の岩礁)で、1人で素潜り漁をしていたとみられている。