大規模土石流が発生した静岡県熱海市で26日、被災者が公的な支援を受けるために必要な罹災(りさい)証明書の申請受け付けが始まった。市総合福祉センターに「被災者相談窓口」を開設し、生活再建に関する相談全般にも対応する。窓口を訪れた被災住民は安堵(あんど)の表情を見せていた。