幻想的な絵画で知られるユダヤ人の画家シャガールは第2次世界大戦のころ、ナチス・ドイツから逃れるため米国にわたった際、ニューヨークのバレエ団の依頼でチャイコフスキーの音楽に乗せた悲恋のバレエ「アレコ」の舞台美術を手掛けた。