沖縄県うるま市兼箇段の宮里朝曠(ちょうこう)さん(81)宅の庭で、トックリランが花を咲かせている。宮里さんは「40年以上前に苗を植えたが、花が咲いたのは初めてだ」と驚いている。

宮里朝曠さんの自宅で咲いたトックリランの花=23日、うるま市

40年以上たって初めて咲いた花

宮里朝曠さんの自宅で咲いたトックリランの花=23日、うるま市 40年以上たって初めて咲いた花

 幹回りは2・5メートル以上で高さは約6メートル。花の長さは約1・2メートル。トックリランはキジカクシ科のトックリラン属でメキシコ原産。別名「ノリナ」。数十年に一度花を咲かせることから付いた花言葉は「多くの才能」。台風6号の余波が続く23日も咲いていた。

 宮里さんは「40年余り前に親戚からもらい、30センチぐらいの苗を植えた。花も咲かないし、実も付かないので撤去して野菜でも植えようと息子と話していたら、1月ぐらいに花が咲いた」と、てっぺんに咲く花を指さして話した。(与古田徳造通信員)