沖縄県の米軍嘉手納基地とキャンプ瑞慶覧で働く基地従業員12人が、米軍から事実無根の疑いを掛けられ不当な出勤停止処分を受けたとして、雇用主の国を相手に処分無効などを求めた訴訟は22日、原告の訴えを認め、出勤停止期間中の給与などを支払うよう国に命じた那覇地裁判決が確定した。