[森どぅ宝 世界自然遺産登録 3紙合同連載](1) 濃い霧が立ち込める中、沖縄本島北部の大国林道を車で進む。木々の根元に目を向けると、至る所に侵略的外来種「マングース」捕獲用のわながある。膨大な時間と予算をかけた防除は奏功し捕獲頭数は年々減っている。