20~24日の台風6号で、収穫期を迎えていた沖縄県内の夏野菜生産者やサトウキビ農家は大きな被害を受けた。強風による倒伏などのほか、お中元時期に重なった流通業への余波も大きく、影響は長期化しそうだ。