【ニューヨーク共同】米グーグルは28日、社員の出社再開の時期を従来の9月から10月中旬に延期すると明らかにした。出社にはワクチン接種を条件にする。新型コロナウイルスの変異株による感染再拡大への懸念を踏まえた。

 ピチャイ最高経営責任者(CEO)が社員向けのメールで説明した。9月から大半の社員が出社と在宅勤務を組み合わせる「ハイブリッドワーク」に移行する方針を示していた。

 グーグルは希望者に向けていくつかのオフィスをオープンしている。ワクチン接種を出社の条件とする方針は、数週間以内に米国で導入し、ワクチンが入手できるようになった地域に拡大する。(共同通信)