加藤勝信官房長官は29日の記者会見で、東京五輪参加の海外選手を中心に、暑さに対する不満が相次いでいることについて「大会組織委員会などと緊密に連携しながら、国としてしっかり協力したい」と強調した。「当初から暑さ対策は大切だと指摘されていた」と言及し、組織委がエアコンの設置や競技時間の変更などで対応しているとした。(共同通信)