運休が続いていた第一航空(大阪府、西洞院満寿美社長)の那覇-粟国便が28日、3年3カ月ぶりに再開した。同路線は2015年に粟国空港でフェンスに衝突する事故を起こし運休。18年に再開し3カ月間運航したが、財政難で再び運休していた。高良修一村長は「村民の悲願が実現し、感無量」と歓迎。