沖縄県名護市辺野古の新基地建設海域で沖縄防衛局がサンゴ移植を開始したことに関し、玉城デニー知事は29日の会見で事前に移植着手の連絡を受けていなかったことを明らかにした。「許可を受けたから勝手にやってもいいと解釈したのは非常に遺憾だ」と不快感を示した。

 県は、高水温時の移植を避けるなど許可の条件が守られているか防衛局に照会したところ「適切に守られていると考えている」との返答があったという。

 知事は「水温が高くサンゴにダメージを与える状況であれば水産資源保護にはかなっていない。強く抗議せざるを得ない」と批判。条件に適合しているかを確認し、守られていなければ行政指導を検討する考えを示した。