コザ高校で部活動主将の男子生徒が日常的に叱責(しっせき)され1月末に自殺した問題で、沖縄県教委は29日、不適切な指導を継続的に繰り返したとして、顧問の教諭(49)を懲戒免職処分にしたと発表した。

沖縄県庁

 県教委は教諭が2020年度から主将になった男子生徒を「キャプテンを辞めろ」などと精神的負担を与える言葉で叱責し、特に厳しく当たったと認定。地方公務員法の「全体の奉仕者たるにふさわしくない非行」に該当するとしている。

 学校人事課によると、教諭は叱責した内容の一部を認めているが、「趣旨が違う」などと認めていない部分も多い。同課は4~5月に遺族や教諭、学校関係者らに聞き取りし、「生徒の死と不適切な指導に因果関係がある」と認定した。教諭は不服な場合、県人事委員会に処分の審査請求ができる。

 金城弘昌教育長は「不適切な指導で生徒を精神的に追い詰め、自死に至らせたことは言語道断。遺族や関係者に深くおわびをする」と謝罪のコメントを出した。部活動の在り方の見直しや教委の管理体制の改善、教員の人権意識の向上に努めるとした。

 生徒の母親は「息子が受けた暴言が体罰としてちゃんと認められた」と感想を語った。その上で「指導者の問題行動を誰も止めなかった学校現場の構造的な問題を再調査で明らかにし、風通しのいい環境になってほしい」と求めた。

 コザ高保護者で県議会に再調査を求める陳情を出した鈴木友一郎さんは「今回の処分とは別に、学校と県教委の責任も明確にしないといけない」と指摘した。