米軍が普天間飛行場内の有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)を含む汚水を国の基準内に薄めて下水道に放出したい考えを日本政府に伝えたことについて、沖縄県の宜野湾市議会(上地安之議長)は30日、臨時議会を開き、汚水の適切な処理を求める意見書案と決議案を全会一致で可決した。

意見書と抗議を可決する宜野湾市議ら=30日、宜野湾市民会館

 意見書と決議は「濃度も総量も把握できない汚水を漏出防止との理由で放出するのはあまりに無責任」と指摘。いずれも①汚水を下水や河川へ絶対に放出しない②処理は従来通り米軍の責任で焼却処分する③泡消火剤はピーホスを含まない製品へ速やかに切り替える④環境汚染につながる物質を含む泡消火剤や燃料などは法令を順守して厳格に管理する-を盛り込んだ。

 上地議長らが30日午後、外務省沖縄事務所と沖縄防衛局を訪ねて意見書を手渡す。