沖縄県の玉城デニー知事は30日午前の定例会見で、沖縄防衛局が着手した名護市辺野古の新基地建設海域でのサンゴ移植作業に関し、現地調査を踏まえ同日中にも防衛局へ行政指導する考えを示した。水温が高くなる夏場の移植自体が許可の条件に反するとの認識を示した。

定例記者会見で記者団の質問に答える玉城デニー知事=30日、県庁

 知事は、夏場の移植はサンゴの生存率を低下させるとの専門家の指摘に言及し「行政指導をし、直ちに移植作業の停止を求めることは至って正当だ」と述べた。県は30日午前に県職員を現場へ派遣した。工事海域が見渡せる陸域と海域で作業内容などを確認する。海域では県の漁業取締船「はやて」で水温測定なども実施する予定という。

 県は28日、防衛局が申請していた特別採捕に関し①サンゴの生存率が低下する高水温期や台風時期などを避けること②移植後1週間に1回の経過観察と県への報告―の条件を付け許可した。

 許可を受け防衛局は29日に移植作業に着手。知事は事前に連絡がなかったことに「許可を受けたから勝手にやってもいいと解釈したのなら非常に遺憾だ」と防衛局の姿勢に不快感を示した。