総務省は30日、ふるさと納税による2020年度の寄付総額は前年度の1・4倍に当たる6724億9千万円で、過去最多を更新したと発表した。寄付件数も1・5倍の3489万件で過去最多。新型コロナウイルス感染拡大に伴う「巣ごもり消費」の増加や、地場産業支援を目的とした寄付拡大が要因とみられる。

 ふるさと納税の寄付額と件数の推移

 自治体別のトップは、宮崎県都城市の135億2500万円で4年ぶりに返り咲いた。北海道紋別市が133億9300万円、同根室市が125億4600万円。アマゾンのギフト券を贈るキャンペーンなどで19年度まで3年間連続トップだった大阪府泉佐野市は、上位20位に入らなかった。(共同通信)