政府は30日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、感染が急増している埼玉、千葉、神奈川、大阪4府県への緊急事態宣言発令を決定した。北海道、石川、京都、兵庫、福岡の5道府県にはまん延防止等重点措置を適用する。いずれも8月2日から31日まで。宣言を発令中の東京都と沖縄県の期限も8月22日から31日に延長する。重点措置地域は酒類提供要件を厳格化する。国内の新規感染者は29日に続いて1万人超の1万743人となり、3日連続で過去最多を更新。

 新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、首都圏3県と大阪府に8月2日から緊急事態宣言を発令すると表明した菅首相(手前)=30日午後、首相官邸

 宣言対象は6都府県に拡大する。デルタ株が広がり、東京五輪開催の傍ら広い地域で国民の行動制限を強化する事態となった。(共同通信)