沖縄県は30日、米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域での防衛省沖縄防衛局によるサンゴ移植に関し、県が出した高水温や台風の季節を避けるとの条件に反し作業したとして、移植許可を撤回した。県が同日、サンゴ死滅の可能性が高いとして中止するよう行政指導したが、防衛局が「条件は順守しており中止しない」と回答したため、判断した。

 玉城デニー知事は報道陣の取材に「ただでさえ高くないサンゴの生残率をますます低下させる行為で、水産資源保護法の趣旨に反している」と述べ、防衛局の対応を強く批判した。(共同通信)