沖縄タイムス+プラス ニュース

オスプレイ落雷 菅官房長官「事実関係を確認中」

2017年1月13日 05:00

 【東京】2014年にオスプレイが落雷にあったのは普天間飛行場で駐機中とした当初の説明と異なり、宮崎県上空を飛行中だったことが明らかになったことについて、防衛省は発生場所を正確に把握していなかった。菅義偉官房長官は12日の会見で「事実関係を確認中で、米軍側に照会を行っている」と述べた。

【資料写真】米軍普天間飛行場のオスプレイ

 防衛省によると、米軍からは「着陸後、通常のメンテナンスをした際に、オスプレイが落雷にあったとみられる形跡がみつかった。日時の特定は難しい。落雷を受けても安全に運用できる構造になっている」との説明を受けていたが、米側から最終的な調査報告書は受けていなかったという。米側に報告書などの提供を求め、事実確認を急いでいる。

 名護市安部の海岸にオスプレイが墜落し、原因が究明されないまま飛行や空中給油訓練が再開されたことに沖縄からの不安や反発の声が根強い。菅氏は「(空中給油)訓練中にオスプレイのプロペラに空中給油機のホースが絡まったことが要因だった。さらに住宅上空では(空中給油)訓練は行わないなど、さまざまなことを確認しながら(関係自治体に)説明をしている」と述べた。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS