自動車専用道路の国道58号名護東道路の世冨慶IC(インターチェンジ)―数久田IC区間(2・6㌔)が31日午前10時に開通し、全線開通となった。2012年に開通した伊差川IC―世冨慶IC間(4・2㌔)と合わせ、全区間は6・8㌔。

開通した国道58号名護東道路の数久田IC周辺=31日午前、名護市(小型無人機で撮影)

午前10時の開通と同時に名護東道路の世冨慶ICに入る地元住民ら=31日、名護市

開通した国道58号名護東道路の数久田IC周辺=31日午前、名護市(小型無人機で撮影) 午前10時の開通と同時に名護東道路の世冨慶ICに入る地元住民ら=31日、名護市

 開通に合わせて「道の駅」許田前の信号機を廃止し、道の駅もリニューアルした。数久田ICから伊差川ICまで信号なしで、止まらずに走行できるようになる。

 許田ICから今帰仁城跡までの所要時間がこれまでの45分から34分に短縮されるなど、北部各地域へのアクセスが向上するほか、交通量が分散され名護市内での渋滞緩和が見込まれる。

 北部国道事務所の大城照彦所長は「工事着工から20年かけて完成した。新型コロナウイルス感染拡大が収まった際には、やんばる地域にぜひ遊びにきていただきたい」とあいさつ。渡具知武豊名護市長は「多くの県民の皆さん、観光客の皆さんがやんばるに訪れることを期待している」と話した。

 世冨慶区の比嘉秀樹区長は「渋滞が緩和され、区民も便利になると思う」と喜んだ。「道の駅」許田の金良宗貴駅長は「3階展望テラスからの眺めがとても良いので、癒やされてほしい」と話した。

 トンネルの銘板の題字を書いた市内の生徒への感謝状授与もあった。