古武道の武具として用いられるサイはインドから仏教とともに中国に渡り、少林寺の武僧たちが使用していた。その後、沖縄には中国から渡来した人々によって伝えられたと考えられている。