国会議事堂を訪れる見学者が新型コロナウイルス禍で激減している。東京に緊急事態宣言の発令が繰り返された今年上半期(6月16日の通常国会閉幕まで)は約1万6千人。コロナ禍前だった2019年までの同期間の数%にとどまる。「第5波」とされる感染拡大が続き、影響は長引きそうだ。