沖縄タイムス+プラス ニュース

日米地位協定の軍属範囲 政府間協定、来週署名へ

2017年1月13日 11:06

 【東京】元米海兵隊員で軍属による暴行殺害事件を受け、日米両政府が見直しを進めている日米地位協定上の軍属の範囲の明確化について、岸田文雄外相は13日の記者会見で、来週に法的拘束力のある政府間協定に日米が署名する見通しであることを明かした。

 岸田氏は「軍属に関する補足協定について来週早々にも署名をできるように鋭意調整中。軍属の範囲をより明確化することによって、軍属に対する米側の管理・対応も明らかになる」と説明。「結果として、沖縄における軍属などが絡む事件の発生の抑制につながることを期待したい」と述べた。

 軍属の中でも、技術アドバイザーやコンサルタントなどとして軍と契約した業者の従業員について、高度な知識を持つ者に限定するよう日米間で協議している。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS